Ermis ハードウェアウォレットショップ

暗号通貨の一番安全な守り方をご紹介

Ledger NanoSでMy EtherWallを連結管理!

Ledger NanoSをMy EtherWallの秘密鍵代わりに使えます。

尚且つ、ETH・ETC・その他イーサリアムトークンをしっかり管理することが出来ます。

これは、便利!😁

 

最近激アツのICOは、ほぼイーサリアムベースですし、

ICO参加するときに「My EtherWallet限定」とかありますので、この方法で資金を管理していたら凄く便利です\(^o^)/

 

まずは、準備!

Ledger NanoSの設定

LedgerNanoSをPCへ接続。

※イーサリアムウォレットの起動は不要です。

f:id:ermis:20170626231854j:plain

「Ethereum」を選びます。

 

f:id:ermis:20170626232015j:plain

Settingを選びます。

 

f:id:ermis:20170626232038j:plain

 

「Contract date」を選び

 

f:id:ermis:20170626232050j:plain

 

「Yes」にします

 

f:id:ermis:20170626232105j:plain

 

「Browser support」を選び

 

f:id:ermis:20170626232116j:plain

 

「Yes」にします。

 

これでLedgerNanoSの準備OKです。

 

My EtherWalletと連結

f:id:ermis:20170626234605p:plain

 My EtherWalletを開いて、「Ether/トークンの送出」をクリックします。

 

Ledger NanoSを選択し、「Ledgee NanoSに接続」をクリックします。

 

f:id:ermis:20170626235636p:plain

 

そうしたら、Ledger NanoSで管理しているアドレス等が表示されます。

※ETHを入れていたら、それも表示されます。

使用したいアドレスを選択して、「お財布をアンロック:」をクリックして下さい。

 

f:id:ermis:20170627000017p:plain

 

ここから送信先のアドレスを入力すれば、送信が出来ます。

 

☆送信するには、最後にLedger NanoS本体で✓承認作業が必要です。

 

受け取りたい場合は、

f:id:ermis:20170627000327p:plain

 

「お財布情報を見る」から受信アドレス確認できます。

 

通常のアプリケーションに戻す場合

Ledger NanoS本体設定の「Setting」→「Browser support」→「No」にすれば通常アプリケーションで開けるようになります。

 

f:id:ermis:20170627001131p:plain→ f:id:ermis:20170627001233p:plain